■スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリー:スポンサー広告
■自給率
世界第2位の面積を持ち、3方を海に囲まれて、内陸の平野部には大穀倉地帯を有するカナダは、食料自給率が160%。

01182012-1.jpg


冬は雪に閉ざされている地域が多いので、八百屋に並んでいる野菜を見ても、温室栽培以外は外国産が目立ちます。反対に夏になると、ありとあらゆる野菜が所狭しと並び、しかも安いんです。
01252012-3.jpg


ズッキーニのように採れて採れてしょうがない、みたいな野菜は、レジの片隅に箱に入れて「ご自由にお取りください」なんて書いてあるところもあったり、ハロウィン用のパンプキンみたいに、ハロウィンが終わったらただでくれたりするものもあります。パンプキンだって、カービング用に買うのですが、お料理好きな人はパンプキン・パイやスープなんかを作ったりしますから、ただでもらえるなら、ありがたいですね。
01252012-1.jpg


そんなに豊富な野菜が安く買えるんだったら、わざわざ自分で作ることないじゃん、って思うところですが、バンクーバー市だけでも76箇所の市民農園があり、その数は毎年増え続けています。人気も高いので、申し込んでも1年、2年待ちというのもザラ。

01242012-1.jpg


01252012-2.jpg



何故そんなに自分で育てたいかっていうと、やっぱり農薬の心配のない、まさに採れたてのジューシーな野菜を、自分が育てたんだっていう充実感をもって食べられるっていうことろだと思います。八百屋に並んでいないものだって、自分で作れば食べられるというのもあります。

ちなみに、バンクーバー近辺にお住まいで、興味がおありの方はコチラに情報が載っています。
Vancouver community gardens


それ以外の都市にお住まいの方も、「community garden (都市の名前)」でググったら出てきますので調べてみてください。


自給率でいうと、日本は40%。1億人以上の人が小さい島国に暮らしているのだから、カナダみたいな自給率を望めないのはわかります。でも政府任せで食料不足を嘆くより、個人レベルでの自給率がもっともっとアップできれば、市民農園とか貸し菜園とか、そんなに気張らなくても、一戸建てに住んでる人は自分の庭で、マンション住まいだってベランダで、自分の食べるものを育てる人たちがもっともっと増えればいいな、と思います。






ランキングに参加してみました。応援のポチ、よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

うんちくはいいから、はやく何か始めろよ




スポンサーサイト



テーマ:野菜づくり - ジャンル:趣味・実用 - カテゴリー:未分類
カテゴリー:未分類 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。