■スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリー:スポンサー広告
■栗(クリ)の木を育てよう
02012012-1.jpg
(発芽したはいいけど、しばらくこのまま放置されていたので、迷走状態の芽。
「どっちに伸びればいいんですかっ!」)



栗の木の苗?というにはほど遠い、「発芽した栗」を友人から託されたので、ここはひとつ立派に育てて、何年か先にはイガグリをゲットしてみせようぢゃないの!


と意気込んで、ちゃんとひとつずつに分けて土も入れてみた。
外はまだ寒いから、家の中で大きくなりなさいね。
02012012-2.jpg




このままスクスクと育ってくれれば、夏くらいには近くの雑木林にバラまきに養子に出して、「桃栗3年」っていうから、3年目の秋には収穫した栗で栗ご飯が食べられるのね、などとほくそえんで、

ちなみに、気をつけることとか、あるかしらん、と思い「栗 育て方」で検索してみたら...

>栽培も容易で、限られたスペースで楽しむこともできます
ナイス

>クリは植えつけ1~2年後から収穫が可能です
いいね いいね

>栽培にあたっては、クリは自家不結実性のため、異品種の混植、または同一樹につぎ木が必要です
は?同品種どころか、この子たち兄弟ですけど、ダメ?


木が違えば、同じ種類でもいいのかなぁ。それとも、中国や韓国系のスーパーに売ってる栗も育てて、隣に植えておくほうがいいのかなぁ。はぁ~...


農業って奥が深い。農家の人って毎日のようにこんなこと考えてるんですね。えらいなぁ。
自分で作ろうっていう気になってはじめて、ごはんを食べるときに「いただきます ごちそうさま」って手を合わせる理由がわかったような気がしました。


もし自分が作った野菜や果物を食べられるようになったら、「ちゃんと育ってくれてありがとう」って手を合わせていただこうと思います。





ランキングに参加しています。応援のポチ、よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ




スポンサーサイト
カテゴリー:未分類 | Trackback(0) | Comments(5)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。