■スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリー:スポンサー広告
■栗(クリ)の木を育てよう
02012012-1.jpg
(発芽したはいいけど、しばらくこのまま放置されていたので、迷走状態の芽。
「どっちに伸びればいいんですかっ!」)



栗の木の苗?というにはほど遠い、「発芽した栗」を友人から託されたので、ここはひとつ立派に育てて、何年か先にはイガグリをゲットしてみせようぢゃないの!


と意気込んで、ちゃんとひとつずつに分けて土も入れてみた。
外はまだ寒いから、家の中で大きくなりなさいね。
02012012-2.jpg




このままスクスクと育ってくれれば、夏くらいには近くの雑木林にバラまきに養子に出して、「桃栗3年」っていうから、3年目の秋には収穫した栗で栗ご飯が食べられるのね、などとほくそえんで、

ちなみに、気をつけることとか、あるかしらん、と思い「栗 育て方」で検索してみたら...

>栽培も容易で、限られたスペースで楽しむこともできます
ナイス

>クリは植えつけ1~2年後から収穫が可能です
いいね いいね

>栽培にあたっては、クリは自家不結実性のため、異品種の混植、または同一樹につぎ木が必要です
は?同品種どころか、この子たち兄弟ですけど、ダメ?


木が違えば、同じ種類でもいいのかなぁ。それとも、中国や韓国系のスーパーに売ってる栗も育てて、隣に植えておくほうがいいのかなぁ。はぁ~...


農業って奥が深い。農家の人って毎日のようにこんなこと考えてるんですね。えらいなぁ。
自分で作ろうっていう気になってはじめて、ごはんを食べるときに「いただきます ごちそうさま」って手を合わせる理由がわかったような気がしました。


もし自分が作った野菜や果物を食べられるようになったら、「ちゃんと育ってくれてありがとう」って手を合わせていただこうと思います。





ランキングに参加しています。応援のポチ、よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ




スポンサーサイト
カテゴリー:未分類 | Trackback(0) | Comments(5)
■はじめてのおつかいの気分...
思い立ってはじめます宣言したはいいけどさぁ。

ちょっと日は長くなってきたけど真冬だしぃ。

何からやればいいのよ。

駅3つ向こうに住むおばあちゃんちへはじめていく小学一年生の気分だわ。
しかも、お金だけ渡されて、玄関を送り出された感じ。
(流れとしては、無謀にも自分で行ってくるわーって飛び出した、に近いかも)

こういうことでも書いておけば、慣れた頃に、はじめはこんな事
考えてたんだなぁ、なんて懐かしく振り返ることもあるかと思って書いてみた。

まず、いきなり市民農園なんてやってみようかと思い、

自分の家のある市の隣の、勤め先があるリッチモンド市で問い合わせてみたら

「市民農園のご使用は、リッチモンド市の住民に限らせていただきます。
お住まいのサレー市にも市民農園があるはずですので、そちらにお問い合わせください。」だって。そらそうだわね。


ということで、家の近くの市民農園に申し込みの電話してみたら留守電になっていたので、メッセージ残しておいたけど、返事来ないし。
01302012-1.jpg

ほかの人のブログとか読ませてもらってたら、水耕栽培なんかもおいしそうだしな~。目移りするわ~。

ペットボトルなんかでも簡単にできるって書いてあるけど、

用意するもの

ペットボトル
(1.5リットルまたは2リットル)

水耕栽培用の肥料(園芸店で購入できます)→ってお店で言えばわかるのん?
カッターナイフ
不織布(ふしょくふ)→って何よ。フリースとか、フェルトとか、もっと平ったく言ってよ。
(24センチ×4センチ。木綿のロープなどでも可)
荷造り用のエアキャップ→プチプチって書けよ。
(20センチ×5センチ程度)
手袋
小さなスコップ
お好みの種または苗
川砂→店でなんて説明したらいいのさ。

などと、材料の項目を読んでるだけで頭痛くなってきたので、今日はパス。


とりあえず、マメの種はOTTOのお母さんが調達してくれるらしいので。(いきなり他力本願)




水耕栽培用の肥料くださぁい!


ランキングに参加してみました。応援のポチ、よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ




カテゴリー:未分類 | Trackback(0) | Comments(0)
■採るか採られるか
思い立ったのはいいけれど、まだ気温一ケタの真冬なので、今はお勉強と下準備の期間とします。
なんせ、園芸の「え」の字もしたことなかったですから。

バンクーバー地方、緑ゆたかで自然に囲まれているのはいいですが、野生動物とも隣り合わせで生活しています。
私の近所でも、ウサギやアライグマ、スカンクなどに遭遇することもありますから、菜園なぞ始めようと思うと動物対策も必要になってくると思います。

自宅の庭でイチゴを育てていた同僚によると、子供たちも水やりを手伝ったりして収穫を楽しみにして、
strawberry1J.jpg



あと2、3日したら食べごろと思っていたら、その時になったらおいしいところはキッチリやられたらしいです。
strawberry3J.jpg



敵も、どれくらいたったらおいしくなる、というのを心得ているようなので、採らせないようにするか、
文字通り先取りして、採られる前に採ってしまうか
strawberry2J.jpg

収穫のタイミングをめぐって、激しい攻防が繰り広げられそうです。
こういう実体験を聞きながら、対策を練りましょう!






ランキングに参加してみました。応援のポチ、よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ






テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用 - カテゴリー:未分類
カテゴリー:未分類 | Trackback(0) | Comments(0)
■自給率
世界第2位の面積を持ち、3方を海に囲まれて、内陸の平野部には大穀倉地帯を有するカナダは、食料自給率が160%。

01182012-1.jpg


冬は雪に閉ざされている地域が多いので、八百屋に並んでいる野菜を見ても、温室栽培以外は外国産が目立ちます。反対に夏になると、ありとあらゆる野菜が所狭しと並び、しかも安いんです。
01252012-3.jpg


ズッキーニのように採れて採れてしょうがない、みたいな野菜は、レジの片隅に箱に入れて「ご自由にお取りください」なんて書いてあるところもあったり、ハロウィン用のパンプキンみたいに、ハロウィンが終わったらただでくれたりするものもあります。パンプキンだって、カービング用に買うのですが、お料理好きな人はパンプキン・パイやスープなんかを作ったりしますから、ただでもらえるなら、ありがたいですね。
01252012-1.jpg


そんなに豊富な野菜が安く買えるんだったら、わざわざ自分で作ることないじゃん、って思うところですが、バンクーバー市だけでも76箇所の市民農園があり、その数は毎年増え続けています。人気も高いので、申し込んでも1年、2年待ちというのもザラ。

01242012-1.jpg


01252012-2.jpg



何故そんなに自分で育てたいかっていうと、やっぱり農薬の心配のない、まさに採れたてのジューシーな野菜を、自分が育てたんだっていう充実感をもって食べられるっていうことろだと思います。八百屋に並んでいないものだって、自分で作れば食べられるというのもあります。

ちなみに、バンクーバー近辺にお住まいで、興味がおありの方はコチラに情報が載っています。
Vancouver community gardens


それ以外の都市にお住まいの方も、「community garden (都市の名前)」でググったら出てきますので調べてみてください。


自給率でいうと、日本は40%。1億人以上の人が小さい島国に暮らしているのだから、カナダみたいな自給率を望めないのはわかります。でも政府任せで食料不足を嘆くより、個人レベルでの自給率がもっともっとアップできれば、市民農園とか貸し菜園とか、そんなに気張らなくても、一戸建てに住んでる人は自分の庭で、マンション住まいだってベランダで、自分の食べるものを育てる人たちがもっともっと増えればいいな、と思います。






ランキングに参加してみました。応援のポチ、よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

うんちくはいいから、はやく何か始めろよ







テーマ:野菜づくり - ジャンル:趣味・実用 - カテゴリー:未分類
カテゴリー:未分類 | Trackback(0) | Comments(0)
■動機
1月18日雪

ふと思った。
私が小さかった頃、枝豆というものは八百屋で枝ごと売られていた。
それを買ってきて、豆を枝から外す仕事をお手伝いしたもんだわ。
(なにゆえ、雪の日にビールのつまみを思い出す?)

それが今や、袋詰めの冷凍ものがほとんど。しかも中○産。

私の住んでいるカナダでも、日本食ブームで日本の食材には事欠かないけど、
スーパーで売られている枝豆はやっぱりこんな感じ。
01182012-2.jpg


私が家庭菜園をはじめようと思ったのは

「枝にたわわに実った枝豆が食べたい!」
という動機でした。

ほかにも理由はあるけど、それはまた後日お話ししようと思います。



ランキングに参加してみました。応援のポチ、よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ






カテゴリー:未分類 | Trackback(0) | Comments(2)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。